文京区の調剤薬局よりジェネリック医薬品について

薬剤師実は私は文京区の調剤薬局で薬剤師をしております。調剤薬局にいくとジェネリックをご希望ですか?といった質問を受けることと思います。私の勤務している調剤薬局でもよく患者さんに質問をしています。

ジェネリック医薬品とは、一番初めに開発したメーカーのお薬(先発品)の特許が切れた後に、他のメーカーが真似して作ったお薬です。有効成分は全く同じためほぼ同等の効果ですが少し値段が安いのです。
なぜジェネリックを勧めるかというと、国が医療費を削減するために、ジェネリック医薬品の推奨を進めていることと、調剤薬局でもジェネリックの割合が高いほど調剤報酬が増えるためです。

私は<<文京区>>で薬剤師求人を探しているあなたに朗報|※私の体験談というサイトを参考に今の薬局に勤めはじめたんですが、結婚・出産前に働いていたときよりも随分ェネリック薬品も普及してきたなぁと肌で感じています。

調剤薬局スタッフの取り組みもあり、最近ではジェネリックを選択する患者さんは8割くらいと身近な存在となってきております。ジェネリック医薬品を調剤しておりますと、まず一包化(お薬をヒートから出して飲み方ごとに分包する)のとき、ヒートから錠剤を取り出すときに先発品と比較し、取り出しづらい場合が多いことに気が付きます。お安く作られている結果,取り出しづらさにつながっていることは了承していただかなければならないことです。ご高齢でたくさん薬を飲まなければならない方は薬局で一包化してもらうのがお勧めです。

ジェネリックを服用されている感想を患者さんにお聞きするのですが、ほとんどの方はジェネリックを問題なく服用されているようです。なかにはこの薬だけは先発品にしてほしいというご要望もあります。(心臓の薬や、肝臓の薬、血液サラサラ、抗がん剤など)また、検査結果が悪いとやはり先発品に戻してくださいと言われる場合もあります。

病気が深刻な方は、先発品とジェネリックを飲み比べてよい方を選択すればよいでしょう。一度ジェネリックへ変更しても先発品に戻したり、後発品に変えたりすることは何度でも可能です。また、湿布などはジェネリックだと剥がれやすいという感想も時々きかれます。国内で作られているのですか?という質問もたまにありますので、ジェネリック医薬品メーカー情報も患者さんに説明します。

病院でもジェネリックを多く扱うようになってきているため今後ますますジェネリックの頻度は増えていくでしょう。皆様も上手にジェネリックとつきあっていかれるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です